麻雀最強戦2017 豪傑大激突【観戦レポート】

2017年4月16日(日)に、麻雀最強戦2017「男子プロ代表決定戦 豪傑大激突」が行われ、馬場裕一が優勝、ファイナル進出を決めた。プロ連盟と最高位戦の頂点による激闘を、現最強位・近藤千雄とオフィシャルレポーター・梶本琢程がレポートする。

近藤千雄現最強位
近藤千雄現最強位
梶本琢程オフィシャルレポーター
梶本琢程オフィシャルレポーター

豪傑はとにかく腰が重い!

梶本「先日行われた豪傑大激突は全員に優勝のチャンスがあるオーラスで、馬場裕一プロが逆転勝利を飾りましたね。近藤さんは全体的にみて、今回の対局をどうご覧になりましたか?」

 

近藤「まぁ豪傑同士の対決らしく、予選・決勝ともに腰の据わった打ち方がよく出ましたね。ある意味、イメージ通りの内容でした」

 

梶本「個人的に気になった局面とかありますか?」

 

近藤「予選A卓の内川(幸太郎)さんの白2鳴きとか印象に残ってますね」

 

予選A卓 東4局1本場2巡目 北家・内川 15900持ち

 

 

近藤「この形で1枚目の白を見送ってるんですよ。ドラがトイツで形も悪くない。たしかに高打点を狙いたい得点状況ですが、何せドラと白のシャンポン形が苦しいですからね」

 

梶本「1枚目から鳴く人が圧倒的に多そうですね」

 

近藤「結果は2鳴きからドラポン→カンで平賀聡彦プロから満貫をアガるのですが、この1枚目スルーはびっくりしました」

 

梶本「びっくりといえば、予選B卓の森山茂和プロのテンパイ崩しも驚きましたね」

 

近藤「そうでしたね」

 

予選B卓 南2局4本場4巡目 南家・森山 22500持ち 

 

梶本「ここで森山さんは打九筒と崩し、すぐに六萬を引いて二五八萬待ちでリーチ。結果、メンタンピンツモのアガリとなりましたが」

 

近藤「マンズの形が三四五六萬なら崩すのもアリかとは思いますが。でも、リャンメン待ちで高目イーペーコーのテンパイを崩す。トップも抜けてない、2着争いも僅差という状況だったので、なかなか打てない一打だと思いますよ」

 

梶本「これはやはり森山さんオリジナルの手筋でしょうね。それにしても全体的に手役派のアガリの応酬というより、重たい局面が多かった」

  

 

近藤「やはり相手の攻めにきっちり対応して、中途半端な手で前に出たり不用意に鳴かせたりすることがなかったからでしょうね。僕だとそこまで絞ったりしないので、たとえばあの場に座っていたらまた違った展開になったと思います」

勝因は攻めと守りのメリハリ

梶本「さて、優勝した馬場さんですが、近藤さんはその勝因をどこにみてますか?」

 

近藤「馬場さんは予選でも終始攻めてましたよね。南場のトップ目でも役ありリーチをバンバンかけてアガってました」

 

梶本「そういうところは同じ攻め屋の近藤さんと相通ずるところがありますか?」

 

近藤「いや~、僕の場合は予選なら東場こそトップ狙いで攻めますが、南場のトップ目なら守備寄りになります。2着でも勝ち上がれるわけですから。なので僕は馬場さんとは違うタイプでしょう。でも、馬場さんは『予選も勝ち切ろう』という意志でリーチをかけていたので。それはそれで良いと思いますよ」

 

梶本「そういう一面もありつつ、実は馬場さんは守りも強かったりするんですよね」

 

近藤「そういえば、手役のあるイーシャンテンでもさっと引いたりしてましたね」

 

梶本「ちょっと驚いたのは、決勝のラス前。阿部孝則プロの仕掛けに対し、早い段階から馬場さんは徹底ガードの構えを取ったんですよね(牌図参照)。ここから一筒の暗刻落としに向かいました」

 

 

近藤「阿部さんの雀風を考えれば、不自由な形や安手での北ポンはなさそうですよね。たしかにここで阿部さんに加点されるとオーラスでの逆転条件が厳しくなる。とはいえ、森山さんもラス親の内川さんもいるので、簡単には退きたくないですが」

 

梶本「普段、馬場さんはリーチにも暗刻落としするのを嫌いますからね。『徹底して絞ってるなぁ』と思いました。後で聞いたら、あえて暗刻落としを見せて『俺からは何も鳴けないぞ』という意志表明をしたかったようですね。結果、この局を全員ノーテンでしのぎ切った馬場さんが、オーラスでもラス親の内川プロの先行リーチに追いついて逆転勝利を飾りました」

 

近藤「今回の馬場さんの勝因は、攻めと守りのメリハリが利いていたこと。あと、相手の雀風にも精通していて、打牌の信頼度が高かったのも一因でしょう。個人的にツボだったのは、公約のメンチンではなく、メンピンのアガリが多かったので配信のコメントで『メンピンのバビィ』と書かれていたことですね」

 

梶本「そっちはファイナルに期待ということですね」

 

 

近藤「ただ、ファイナルの決勝で僕と当たった時にアガられるのは勘弁してほしいですが…」

 

フォトギャラリー