独歩さん(あらため山田独歩プロ!)(野間一列)

ご無沙汰しております。

前回の記事up後、ツイッターなどネット上で罵詈雑言を浴びるようになり、有名税として諦念できずに塞ぎこんでいたところ、金本大会委員長から直々に「最強戦予選が始まりましたし、そろそろブログを更新してください!」とお叱りの言葉を頂戴いたしましたので、重い腰を上げ、折ったはずの筆を握り直すことに致しました。ディスって来た方には「文句があるなら直接言ってこいや!」の姿勢は貫きます。

今回は私の最強戦挑戦履歴を語るに必要不可欠である、ご存知第三代天鳳位で昨年最強戦関東地区の運営をされていた、独歩さん(現在最高位戦日本プロ麻雀協会の山田独歩プロ)について書かせて頂きたいと思います。

 

独歩さんとの出会いは2018年5月26日、まさに最強戦最中の時節、関西最大の競技麻雀大会であるヴェストワンカップの打ち上げ(私がμの清水英二Pにお願いして仕切って頂いた会)が最初でした(写真1:谷井プロ、朝倉プロと伴に)。

独歩さんは私の超憧れの人…。天鳳位の方はしゅかつさんをはじめ朝倉Pなど全員尊敬してあまりあるのですが、その中でも独歩さんは私の裡でも特別な方でした。2014年11月29日にスリアロチャンネルにて放映された「四神降臨外伝~麻雀の鉄人」での打牌選択の早さと正確さに一目ぼれし「この人、間違いなくプロになったらとんでもないことになる!」と確信したのを思いだします。その憧れの独歩さんと二度目の再会を果たしたのが、遠征した2018年の西東京予選(池袋)。そこで、あの独歩さんが運営をされていることに驚くと同時に「今日はいい日だ!勝てるような気がする」と3回戦でこっしー(言わずとしれた2018年のヴェストワンカップを優勝したアマチュア最強のマスクマン)と同卓するも、強敵こっしーをしりぞけて4回戦進出。4回戦は残念ながらアガリトップを制せずに敗退。

その後も独歩さんが運営の時はほぼ全部4回戦進出し、チケットを獲得したのも2回と

私の勝利の女神だと確信いたしました(写真2:高田馬場東東京予選)

2018年の私にとって最初の代表決定戦である中国地区代表決定戦は、我ががちまーの一員である金谷真慈さんが、劇的な開局親の8000オールでそのまま優勝。私に最強戦挑戦の誘いをかけてくださった金谷さんの優勝を自分のことのように喜びました

(写真3:2018.9.16中国地区代表決定戦in マーチャオ広島)。

次は自分の番だと思うほどに私は図々しくはありません。

2018.10.6北関東代表決定戦はグーグルマップにしたがってかなり余裕もってホテルを出るも、場所がみつからず、開始時間ギリギリに最後に到着。

「大丈夫ですよw」と優しく笑顔で迎えて下さった運営の独歩さんに感謝しきりも、恥ずかしさで序盤はまともに麻雀に溶け込めずにいました。

望外の結果についての詳細は次の機会にしたためたいと思います。

(写真4:メトロ新宿店北関東代表を決めて…)

2018.11.10アマチュア最強位決定戦。同部屋が同じがちまーの金谷真慈さんで、とてもリラックスできました。いまさらながらではありますが独歩さんに、平澤元気さん、しゅかつさんとの共著にサインを頂き、そこに書かれた「押さずに勝てる勝負なし!」という箴言は我がことのようだと戒めました(写真5)

同郷広島の金本委員長からDeath予想を頂いたものの(?)なんとかC卓を勝ち上がりました。独歩さんも私の勝ち上がりを見届けて下さり「よかったですね!私は仕事で帰りますが、決勝頑張ってください!」とのお言葉….。言下に私は「独歩さん!!!独歩さんがいないと勝てないですよおおお!!!頼みますから帰らないでもらえませんか!!10万円出してもいいです!!!頼みますううう…」と懇願。無茶なお願いであり、独歩さんもうかない顔をされていたので「すみません、無茶言ってごめんなさい…独りで頑張ってきます…」とおことわりをし、独歩さんがいないという不安を抱きながら決勝の舞台に進みました。途中でチイトイ1萬見逃し、25Sアガリ逃し、ハイテイ1萬カンなどのありえない失態を重ねての赤面の勝利は、最強戦の威厳を損なう視聴者、大会関係者に大変申し訳ないものでした。胸を張って楽屋には戻れませんでした。金本委員長とのインタビューを終え、楽屋に戻ったらなんと独歩さんがおられてビックリ!!私のために仕事をキャンセルして観戦してくれていたそうで、私の勝利は独歩さんがそばで見守ってくれたことがすべてだと言っても過言ではありません(10万円払わずにすみません><)。それから年が明け、独歩さんは最高位戦プロ麻雀協会の山田独歩プロになられました。2019年1月に行われた最高位戦ペアマッチでは、運営様のはからいで第1回戦は独歩さんと私が同卓予定でしたが、体調を崩されて欠席されたのが残念でした。とにもかくにも、私のような競技麻雀駆け出しの男が優勝までできたのは、ひとえに独歩さんのおかげです。(独歩さんは強く否定されますが…)独歩さんが今年の11月23日のアマチュア代表決定戦にも現場にいてくださることを心より願っております。

 

あと関東地区の皆様へ…

独歩さんは2019年も関東地区予選の運営をされるそうなので、ファンの方は是非参加されて下さいマセ。