真のアマチュア最強!こっしー(こと山越貴広さん)(野間一列)

今更私が言うまでもない。

麻雀動画をしっかり観ているプロアマ雀士に「アマチュア最強は誰なのか?」と問うた場合、間違いなく1位にあがる男が、こっしーである。

(雀ゴロKさん、しゅかつさんなどの天鳳位を除いて…)

こっしーの最強戦デビューは2015年のアマチュア最強位決定戦の関東代表としてだった。

我が広島がちまーのエースである高橋真(たかはしまこと)くんと同卓し、オーラスで惜しくも蔵谷さんに捲られ、決勝進出を逃した(まことくんは卓内2位で決勝進出)。その翌年の2016年も連続して2016年北関東代表として出場!大阪の2013年アマチュア最強位村上公成さんと並ぶ最強戦の常連であり、アマチュアの憧れのである。

 

2018年から私は最強戦の地方行脚を始めたのだが、こっしーは私以上のactivityとVitalityで地区予選は25戦して4回戦(予選決勝)進出16回通過6回(6つの地区のチケット獲得!)と暴れまくり、最強戦の歴史に類をみない記録をなしとげたスゴイ奴だ!

(ちなみに私は21戦して4回戦進出10回通過3回…としょぼい)

 

2018年の最強戦予選…私が行く先々のほぼ半数の会場にこっしーがいたような気がする…。

同卓したのは3回。1回は3回戦でこっしーを破った西東京、2回は望月プロのお店である中部ルックアップの3回戦でこっしートップ、自分2着、3回目はそのルックアップの決勝でこっしーにリーチ一発ツモ裏3の6000オールを上がられ、そのまま逃げ切られてこっしーが中部のチケット獲得、別卓でアガリトップを逃した村上さんと私は浜松で苦杯を嘗めながら酒を酌み交わした記憶が今も新しい。その勢いでこっしーはそのまま東北へと向かい、東北地区のチケットもゲットと魚群出まくりの確変に入る。2018年のヴェストワンカップの優勝が如く、波に乗ったら半端なプロでは相手にならないほど強い!しかし、チケットを6地区分手にしながら、代表決定戦の決勝で惜しくも敗れてしまい、2018年はアマチュア最強位決定戦には出られなかった。もしこっしーが出ていたならば、自分の優勝はまずなかっただろう。

 

彼の特筆すべき点は、雀鬼流と同じ打牌スピードでありながらも決して強打はしない、スマートでしなやかな姿である。

ウザクさんの本にある基本手順、牌効率を完全熟知しており、あのスピードで打ちながらも決して間違えない(その分、極端な手役を狙うタイプではない面もあると思う)。彼と同卓した時は卓内が彼のスピードに支配されて、大抵30分以内で対局が終わってしまう。あのスピードは配信泣かせですよね?

 

こっしーの強さを裏付ける決定的なもの…

それは↓天鳳10段になった時のとんでもない成績!!

私の天鳳は6段までスムーズに行くも、リアルの「麻雀の頂」に精を出し、天鳳の方は長期間放置していたらアカウントが消えてしまった…。6段くらいまでならこの成績はさほど大したことはないが、10段に昇格してのこの成績は、あの天鳳位を2度獲った朝倉Pをして「とんでもない強さ!!化け物だ!!」といわしめた。これを破るものはそうそう出てこないと思う。

 

2019年のGW前にオーストラリアで開催された麻雀大会では、多井隆晴大先生2位(賞金200万獲得も…)、こっしー3位という世界にも認知される強さを見せた!オーストラリア帰りに隆晴Pの勉強会をしてもらったが「やああ、越山(こしやま)はつえええわ!!」先日のヴェストワンカップの準決勝解説では、協会の矢島亨プロが「やまごしさん」とずっと呼んでいたw。俺たちはこっしーとしか呼ばないから間違えないけれど、プロの方々も間違えるくらいなら「こっしー」と呼んであげたらいいのだが…

 

2019年の最強戦、こっしは相変わらずとんでもないスタートを切った。

すでに5戦して4回戦進出5回のパーフェクト!!そのうち既に北関東地区のチケットをゲットしたらしい。この決勝進出率は化け物だ!去年のチケット6枚もすごいが、今年は「九州と北海道(あと決定戦がかぶっているところ)以外は全部獲る!」と豪語している。多分彼なら簡単にやってのけるであろう

 

私とすれば、一応、アマチュア代表決定戦のシードを与えてもらっているのだが、できれば予選ではこっしーと当たりたくない…と全国のアマチュアは思っていることだろう。

 

最新情報だが、こっしーは天鳳予選にて既に中国地区代表決定戦のチケットを手に入れ、早くも2つ目ゲットしたそうだ!「今年は10地区すべてのチケットを手にいれるつもりです‼️」とLINEが来た。最強戦に賭ける情熱は誰にも負けないし、雀力も並のプロを凌駕しているこっしー!今年こそ三度目の代表決定戦に進出するのは間違いないだろう!こっしーがでれば番組も盛り上がる!その中で、到底勝ち目はないが、頑張って勝利をもぎ取りたいと思っている…

写真は右から北関東代表2016年のこっしー、2017年代表の石川克知さん、2018年代表の私です。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    石川克知 (木曜日, 20 6月 2019 01:08)

    野間さん、あの時は野間さんの方から三人で写真撮ろうと言ってくださり、ありがとうございました。
    本当嬉しかったです。
    僕も何とかして野間さんの待ってる、そして山越さんも勝ち上がってくるであろうあの大舞台まで勝ち上がっていくつもりです。
    そして、みんなの前でいっぱい遊びましょう(^^)