アース製薬杯 男子プレミアトーナメント 下剋上決戦【観戦レポート】

2018年7月14日(日)に、麻雀最強戦2018 アース製薬杯 男子プレミアトーナメント 下剋上決戦が行われ、紺野真太郎が優勝、男子プレミアトーナメント決勝進出を決めた。若手プロとベテランプロ8名による死闘を、オフィシャルレポーター・梶本琢程と最強戦実行委員長・金本晃がレポートする。

5万点差を逆転優勝 紺野真太郎
5万点差を逆転優勝 紺野真太郎

トップ目が楽になる麻雀はダメ

梶本「今回は、アース製薬杯男子プレミアトーナメントの第三弾『下克上決戦』でした。若手がベテランプロをやっつけて一気にのし上がるか? というテーマでした。個人的に気になったのはメンバーの組み合わせ。プロ連盟が7人(藤原隆弘・望月雅継・古橋崇志・山井弘・紺野真太郎・井出康平・大和)に対し、麻将連合が1人(石原真人)。所属プロ団体に偏りがあるかなという印象を受けましたが、そのあたり実行委員長としてはどう判断されているのですか?」

 

金本「対局者の所属は気にしてないです。今回の偏りも石原さんのツイッターで知ったくらいで。個人戦ですから、テーマと打ち筋によって固めたりしてます。。たまに団体の匂いがする対決もありますが、若手の戦いが多いプレミアトーナメントなんかは、どこの団体か関係ないと思って選んでます」

 

梶本「そうなんですね。今回はプロ連盟所属の選手が多かったせいか、手役狙いの手筋が多かった印象を受けました。反面、狙い通りにツモが来ずに受けに回り、それがゆえに親の連荘を許した局面も多かったですね」

 

金本「A卓よりB卓の方がスリリングな展開で面白かったですね。A卓は腰の重い古橋・望月・藤原で流局が多かったです。もちろん一撃が決め手になる投手戦(小場)も面白いんだけど、ピッチャーがビュンビュンいい球を放ってくれないとダメ。誰でも打てそうな球を打者が打ち損じているような麻雀は見てても面白くない。それが今回のA卓の印象です」

 

梶本「石原だけ伸び伸び打ってましたね。今回は、対局を観戦している委員長のヤジが凄かったですが、やはりここでも辛口発言の連発になるんでしょうか」

 

金本「いやプロをリスペクトしてますよ。とはいえダメだなと思ったのは望月。ピンフドラ1のイーシャンテンから、役牌をポンしているトップ目に北を打てないのは、何かの病気かと」

 

梶本「いきなり辛らつですね。一応、補足しますが、下家の石原(北家)が5巡目に発ポン、次に7筒もポン。これに対し、望月の手がこれ」

 

東3局 1本場 9巡目 西家・望月

梶本「仕掛けた石原がテンパイ気配。それに藤原が押し返している。さらに7筒が場に4枚見え。ここで望月は打5索で手を崩すのですが、理由は『北や3萬が当たるというより、4筒でアガれる感触が全くないので打5索で手を崩した』ということでしたが」

 

金本「それで勝てばいいけど。これでは何を見せたいんだか全く分かりません。ラス目でも振らない方法?トップ目が楽になる麻雀はダメでしょう。結果4筒自分でツモってるのもあり、かっこ悪いですよ」

 

梶本「ま、視聴者をモヤモヤさせる一打を選んだ以上、結果を強烈に問われるのは選手自身も覚悟の上でしょう。逆に、石原や予選敗退の山井の麻雀は、敗れはしましたが見ていて気持ちが良かったですし」

 

金本「それは完全同意です。山井は最初に放銃から始まりましたが、あれを止めていたら他のアガリもなかったと思う。勝てなくても、本人の意志は凄く伝わりました」

本大会で最も伸び伸び打った石原真人
本大会で最も伸び伸び打った石原真人
北を打ち切れなかったのか?どうした望月雅継
北を打ち切れなかったのか?どうした望月雅継

紺野、針の穴を通すアガリで優勝!

梶本「続いて決勝を振り返りましょうか。序盤から藤原が大きなリードで局が進みましたが、最終的にラス親の紺野が逆転を果たしました」

 

金本「オーラス開始時に2人は5万点差でしたからね」

 

梶本「やはり紺野の決め手はラス親での6000オールだったと思います」

 

南4局 2本場 東家・紺野 24300点

梶本「この時点で4萬が場に3枚、7萬が2枚飛び。4-7萬はたしかに薄く、2萬受けは良さそう。

 

金本「紺野は7萬受けを見切って6萬を捨てたんですね」

 

梶本「そう。ただ、1萬や4萬がけっこう見えているのに2萬が出てない場って気持ち悪いじゃないですか」

 

金本「役満条件の石原・井出が四暗刻狙いで2萬を固めていても不思議じゃないし」

 

梶本「実際、紺野も『2萬は山に0枚か1枚か、でも3枚の可能性もある。3枚いるに賭けて6萬を捨てました』と。そもそも、その前に紺野は3筒を捨てていますが、打1萬も選択肢の1つだったそうです」

梶本「ここで打1萬で5ブロックにする手もありますから」

 

金本「解説の瀬戸熊プロは『5ブロックにはできないか』と言い、勝又プロは『5ブロックにしていいかも』と指摘するほど微妙なところでしたね」

 

梶本「でも、結果ここで打1萬にしていたら紺野の優勝はおろか、ノーテン親流れもあったかもしれない。紺野は5筒でカン2萬待ちのリーチ。リーチ後に9萬をアンカンし、リンシャン牌が2萬の親っパネツモを決めました」

 

金本「針の穴を通すようなアガリって感じでしたね」

 

梶本「さらに点棒を積み重ねて紺野が逆転し、そのまま優勝したわけですが、逆に大量リードを果たした藤原に逸機はありましたか?」

 

金本「長丁場で集中力を欠いた部分はありましたね。ただ、それを差っ引いても藤原自身にミスが多かった。たとえば、東1局の親で次の手牌」

 

東1局 3本場 3巡目 東家・藤原

金本「これなんか南のトイツ落としでいい。対局後に藤原に突っ込んだら『やっぱりバレましたか(笑)』と後悔してましたが。ただ、仮に3-6萬のタンピンドラ1でテンパイったらヤミにするそうです」

 

梶本「本当?」

 

金本「5800は大きいよ!ドラまたぎだよ!とのこと。こうなったらもう面白い人生観ですよ。ある人曰く『守りの人生観』なのだとか」

 

梶本「それでも今回の決勝は展開も良くて、逃げ切れそうだったんですが。最後は足がなくなってあと1アガリが決めきれませんでしたね」

 

金本「決勝は特に頭取りだし、起家スタートならもっと打点を作りにいかないといけないと思いましたね」

 

梶本「さて、いよいよプレミアトーナメントもあと1枠を残すのみですが」

 

金本「この号が発売される頃には結果は出てますが、ラストはバッチリ決めていただきたいです!」

 

梶本「次号が楽しみですね」

先輩をまくって優勝した紺野真太郎
先輩をまくって優勝した紺野真太郎
「あちゃ~」まくられた男・藤原隆弘
「あちゃ~」まくられた男・藤原隆弘

光る一打

決勝卓 東3局 9巡目 東家・井出康平 15600点

ラス目の親で先にテンパイを入れた井出。6索を先切りしてはいるが、親リーにドラはまず出ない。それでも、子を押さえつけるために即リーする人も多いはず。しかし、井出はあえて打2索でテンパイを崩した。

理由はピンズが中膨れで、かつ場がピンズの上伸びに期待できたからだ。次巡、7筒ツモで理想形のリーチをかける井出。結果は藤原のツモアガリで井出の手は実らなかったが、その意志はよく伝わる一打だった。

フォトギャラリー

レポーター

梶本琢程オフィシャルレポーター
梶本琢程オフィシャルレポーター