アース製薬杯 男子プレミアトーナメント 王者の底力【観戦レポート】

2019年5月18日(土)に、麻雀最強戦2019 アース製薬杯 男子プレミアトーナメント 王者の底力が行われ、内川幸太郎が優勝、プレミアトーナメント決勝進出を決めた。タイトル獲得経験のある王者8名による死闘を、現最強位・近藤誠一とオフィシャルレポーター・梶本琢程がレポートする。

令和初戦は実力者同士の激突!

梶本「令和になって一発目の最強戦は男子プレミアトーナメント。32名からファイナルに行けるのはたった1名。初回から豪華メンバーが揃いました。A卓はベテラン中心、B卓は中堅中心の組み合わせ。そこから決勝に進んだのが、ともたけ雅晴・井出洋介・山井弘・内川幸太郎の4名です」

 

近藤「個性的というか、それぞれ持ち味が明確な4人の決勝卓ですね」

 

梶本「とりわけ井出は最強戦ではヤミテンの鬼として際立ってますね。今回の予選でも『え? それもヤミテンなの』というテンパイがけっこうありました」

 

予選A卓東3局1本場 南家・井出 33900点

梶本「7巡目でピンフ高目789の三色のテンパイ。でも、安目だと1000点しかない。これなどはさすがにリーチかと思うんですが」

 

近藤「なるほど」

 

梶本「以前、井出に『なぜヤミテンにこだわるのか』と質問したことがありまして」

 

――「相手の手を止めるのはリーチだけじゃない。ダマテンのアガリやテンパイを見せれば、今度は相手が僕の手を警戒するようになる。そのうち僕はリーチをかけなくても、相手に圧力をかけられるようになるよ(井出)」

 

梶本「ということでした。今の時代はリーチが主流。でも『ヤミテンでも勝てるよ』ということを見せるのが自分の使命だ、と仰ってましたね」

 

近藤「単純に比較すれば、リーチをかけたほうが好結果につながりやすい場面は、わりとあると思います」

 

梶本「リーチをかけないことで打点力の低下に加え、単純に相手にかける圧力もかけにくい(手を進められる)デメリットもあるでしょうね」

 

近藤「はい。ただ、井出自身が言っているように、『ヤミテンでも怖いという印象を与える』ことがヤミテンのデメリットを軽減していますね」

 

梶本「たしかにそうですね」

 

近藤「あと、プロとしての価値を何に求めるか…勝ち方に特色を出すことで興味を持ってもらうという観点から見れば、1つの手段でしょう。さらに、2人勝ち上がりにおいては、大きな失点を回避出来る場面も少し増えそうです。実際、決勝ではそれなりにリーチをかけていましたし」

 

梶本「その井出のリーチにやられたのがともたけでした。ともたけは東2局1本場、ホンイツドラ4のハネ満をツモ。さらに次局は得意の手役狙いがズバっとハマって純チャンのリーチをかけます」

 

決勝東3局 西家・ともたけ

リーチの捨て牌

梶本「8萬がすんなり出るとは思えませんが、とはいえ現物以外何が当たってもおかしくない捨て牌。アガれば一気に突き抜けそうな手です。しかし、直後に井出にリーチのみの6-9萬待ちで追っかけられたんです。結果、井出が競り勝ち、ともたけの勝負手は実らずでした」

 

近藤「ともたけからすれば、『えー、井出さんが追っかけるのー? 好形ですよねー? 何でこのタイミングなんだよ』って。その時点で、ある程度競り負けを覚悟したでしょう」

今年もノーリーチ戦法で予選突破した井出洋介。
今年もノーリーチ戦法で予選突破した井出洋介。
決勝戦 左からともたけ、内川、山井、井出。
決勝戦 左からともたけ、内川、山井、井出。

内川、決断のリーチ!

梶本「さて、決勝を制したのが内川。東1局に満貫ツモのあと、しばらく静観していたのですが、南1局1本場にハネ満ツモ。最終的にこれが決め手となりました。その局、内川に7巡目テンパイが入ります」

 

近藤「親のともたけ、西家の山井が役牌ポンで前に出ている状況ですね」

 

梶本「ただこれ、ソーズが12枚あるので、打1筒でチンイツに向かう人もいると思うんです。打1索のリーチで、高目の9索ならいいけど、3索だと安い。チンイツなら最低でも満貫になるから回り道する価値もある。が、内川は打1索で即リーチ。これについて近藤さん、どんな印象を持たれました?」

 

近藤「場にソーズが高い。この状況で、もう1牌引いてさらにソーズ待ちでは結構不安かな。鳴いたら満貫になることが多いし、メンゼンでも2,5,8索引きのシャンポン待ちでは嬉しくない」

 

梶本「たしかに」

 

近藤「それよりは、9索ツモのハネマンや裏ドラなどを期待したい。見映えはチンイツのほうがいいし惹かれますが、内川が打1索で即リーチに踏み切った決断は、冷静で的確な判断だと思います」

 

梶本「内川もイーシャンテンの段階では、チンイツの方がアガれそうだし、1索ポンや3索チーも考えたようですね。が、3索ツモでテンパったならそのままリーチだと」

システム偏重に対する苦言

近藤「話は変わりますが、その内川のハネ満でトップが抜けた後の南2局、井出の親番のとき、解説の瀬戸熊プロと森山プロのやり取りが面白かったですね」

 

梶本「トップ取りシステムの話ですね。南家の山井はトップに遠くても打点にこだわらず井出の親番を流せば、南3局では親のないともたけ・井出は高い手作りを余儀なくされ、親の山井は内川との一騎打ちになって連荘しやすい、と瀬戸熊プロが説明しました」

 

近藤「瀬戸熊さんの話は、この場面における1つの考え方を解説したわけですが『打点にこだわらず』という表現が強く聞こえてしまうと、誤解を招くかもしれませんね」

 

梶本「これに対し森山プロは『そういう打ち手が増えたよね。システムありきで、本来伸びる手も早く安くアガってしまうのは感心しない』という発言をされていました」

 

近藤「森山さんも今の風潮を修正するために苦言を呈したのでしょう。システムありきの偏重に対しては強い表現でしたが、実際には『バランスが大切』と言っていたし、瀬戸熊さんも自身の補足もあって、まとまったやりとりだったと思います」

 

梶本「供託が多いときとかもそうですが、早くアガるために伸びそうな手を見切って仕掛けに出たりしますよね。それはもちろん自分を有利にするためにやるのですが、一方で高く伸びる芽を摘んでいるのかもしれない。見ている人が『プロはそう打つんだ』って安易に真似すると、実は打点をロスしていた、なんてこともあるでしょうね」

 

近藤「システムに合わせることも必要ですが、手牌や状況を無視しちゃいけない、ってことですよ」

南場の独自戦略を語った瀬戸熊直樹(右)とそれに苦言を唱えた森山茂和(左)。
南場の独自戦略を語った瀬戸熊直樹(右)とそれに苦言を唱えた森山茂和(左)。

内川、反省の一局

近藤「優勝した内川は終始危なげない打ち方に加え、アガりたい手をキチンとアガれる運も味方したと思います」

 

梶本「そんな内川がミスだと反省したのが予選のラス前でした。ラス親を残して、山井のチートイツの東単騎待ち先行リーチに、内川はトップ目からドラの白トイツで1-4-7索待ちで追っかけ。このときの点数状況は」

 南家・内川 40500点

 東家・滝沢 31400点

 西家・山井 22100点

 

梶本「対局室から出てくるなり、内川は『このリーチはなかったな』と。そういうものでしょうか?」

 

近藤「リーチでアガれればさらに有利になるわけですが、元々有利な状況なので、リスクを取りに行くべきでない場面だったということですね。たとえば、山井にリーチ宣言牌で満貫を放銃したら

 内川 32500点

 滝沢 31400点

 山井 30100点

という並びの南4局になる」

 

梶本「安泰のトップ目から3つ巴になって、下手すれば親っかぶりで3着落ちもある。また、リーチ後の満貫放銃だと3着落ちだから一気にピンチですね。結果的には山井が他家からの満貫ロンで内川は事なきをえましたが、たしかにリーチのリスクは高いか」

 

近藤「でもいいじゃないですか。勝ってなお反省し、またこの局の説明も理路整然としていていい。内川は十段位を制してから好調みたいですし、一気にファイナル進出を決めるかもしれませんね」

最強戦初勝利に笑顔の内川。6月30日(日)の決勝に進出。
最強戦初勝利に笑顔の内川。6月30日(日)の決勝に進出。

フォトギャラリー

レポーター

近藤誠一現最強位
近藤誠一現最強位
梶本琢程オフィシャルレポーター
梶本琢程オフィシャルレポーター