最強戦リーグ

最強戦リーグ

----------------------

 

皆川侑亮

アマチュア最強位決定戦出場者インタビュー

ーまずは年齢を教えてください

 

「先週26になりました!」

 

ーおめでとうございます(≧∇≦)

 

ーご職業を教えてください

 

「会計事務所で働いています」

 

ー頭良さそうですね😳✨

 

「そう見えるでしょー!?(笑)そんなことないです(笑)」

 

ーそうなんですね🤣(笑)

利き手はどちらですか?

 

「右利きです」

 

ー普段麻雀をしている場所を教えてください!

 

「オクタゴンです!」

 

ーですよね!(笑)オクタゴンで勝ち上がってこられたんですもんね✨

 

ーでは麻雀を覚えたきっかけを教えてください!

 

「最初は大学の時に友達に誘われてなんとなくやってたんですけど、競技ルールとかやるようになって面白いなって思って、ちゃんと麻雀も所作とかもやりたいなって思い始めて。」

 

ーふむふむ

 

「ちょうど麻雀協会の大崎初音さんとかがやってる《紅孔雀》ってゆう麻雀教室があったので、そこに通ってちゃんと覚えました!」

 

ーなるほど!

 

ーでは最強戦に参加したきっかけを教えてください!

 

「2年前くらいから競技ルールを打つようになったんですけど、ちょうどその頃からオクタゴンで打ち始めて最強戦リーグをやっていたので自然に参加した感じですね。」

 

ーでは去年も最強戦予選に参加されていたんですか?

 

「去年はオクタゴン以外の普通の予選にも参加していましたし、オクタゴンでの決勝にも残っていました(笑)そこでほそみんさんに負けちゃったんですけど(笑)」

 

ーなるほど!オクタゴンの最強戦リーグはどのくらいの期間をかけてやるんですか?

 

「一応年間といえば年間なんですけど。2週間ごとにポイント上位者が次に出られる権利を貰えるんですね。そしてその順位によって決勝で持ち越しできるポイントも変わるんです!」

 

ーへぇー!ポイントの持ち越しできるんですね!😳

 

「それで10月に36人が選ばれて、そこから36分の4に絞られて決勝で勝ち残った感じです!」

 

ーではそのオクタゴンではどのように勝ち抜かれましたか?

 

「1半荘目が、その日の中で1番メンツが厳しい卓だなぁと思っていまして。そこでたまたまトップをとれたので今日はいけるかなあ!って思いました。でも決勝のボーダーが130くらいだったんですよ。3半荘終わった時点で僕40ポイントくらいしか持ってなかったんですね。もう決勝は無理かなあって思ってたんですけど最終戦に86000点くらいのトップとって(笑)」

 

ー凄い!(笑)

 

「その最終戦が色々あって、裏ドラいっぱいのったり、大三元テンパって結局小三元だったんですけどあがれたり(笑)最後7枚見えの三六萬の8枚目つもって8000オールして(笑)そんくらいついてたので勝てました(笑)」

 

ー8枚目つもったんですね!🤣凄い🤣

 

ー決勝はどうでした?

 

「決勝が1番普段通り打てた気がします。」

 

ーオクタゴンでいつも打ってらっしゃるのでだいたい皆さん顔見知りな感じなんですか?

 

「そうですね。決勝に残った方は全員打ったことがありました。なので相手の雀風もだいたい知っていたのでやりやすかったと言えばやりやすかったです。」

 

ー相手の雀風を理解しているのはとても大事なことですよね!

 

「ですね(笑)で、決勝は自分が2着目で1300.2600ツモか満貫出上がり条件だったんですけど、めちゃくちゃ手が入ってくれて倍満あがって勝ちました(笑)」

 

ー凄いですね(笑)1300.2600で足りたところを倍満で!(笑)かっこいいですね(笑)

 

ーではプレイスタイルを教えてください!

 

「それ聞かれると思ってたんですよー!(笑)だから考えてたんですけど、僕ほんとにオーソドックスとしか言い様がなくて!(笑)周りに聞いてもオーソドックスって言われます(笑)」

 

ーじゃあバランス型的な?(笑)

 

「結構毎回雀風が変わるんですよね。自分でもそれはわかってるんですけど、色々影響されやすいというか(笑)まぁ、どちらかと言えば守備型の方ではありますかね!でも滝沢さんとかくらい固いかって言われると全然そんなことはない感じです(笑)」

 

ーそうなんですね!🤣

 

ーでは尊敬する、目標としているプレイヤーはいますか?

 

「そこは澤田唯プロ(オクタゴン店長)って言わないと怒られそうなんで!(笑)」

 

ー🤣🤣そんなことないですよ!(笑)澤田さんそんな権力あるんですか(笑)

 

「言っとかないと、なんで俺って言わないんだよって言われそうなんで(笑)」

 

ーなるほど(笑)じゃあ澤田プロの他にはいらっしゃいますか?

 

「協会の松本吉弘プロですね!僕、同い年なんですよ!それなのにめちゃくちゃ強いし活躍してるし、いい人だし!」

 

ーあんな怖い見た目なのにめちゃくちゃ腰低くていい人ですよね!!✨

 

「ですね(笑)なのでそういう意味では松本さんを尊敬しています」

 

ー趣味はありますか?

 

「麻雀です(笑)」

 

ーだいたいオクタゴンにいますよね?(笑)

 

「週4.か週5か、、、(笑)」

 

ーほぼ毎日ですね(笑)

 

ーでは今回最強戦アマチュア最強位決定戦に参加される上での意気込みを教えてください!

 

「色々な人の想いを背負ってしまったなって思っています。オクタゴンっていう場所から出して貰えた立場なので。わりとみんな顔見知りばっかりだったので、代表として出るからには恥ずかしい麻雀は打てないって思っています。あとは、こうゆう凄い舞台で打たせて貰えるので楽しく打てればいいなと思っています!!」

 

ー頑張ってください(≧∇≦)/ありがとうございます!

 

 

聞き手:最強戦ガール東日本担当 大月れみプロ